セコム

1970年代、セコムがまだ日本警備保障という社名だった頃から、
長きにわたりおつきあいさせていただいております。
「あらゆる不安のない社会の実現」を目指し、「安全・安心・快適・便利」なサービスを提供する、
セコムのコミュニケイション活動をトータルにお手伝いしています。

[ Movie ]

家族を大切に想う気持ちを表現した、TV-CMシリーズ。

「セコム、してますか?」という企業目線のメッセージを、
「セコムして、よかった」というお客様目線のメッセージへと進化させ、家族の安心感を訴求。
発売から長い月日が流れて社会が変わり、家庭を取り巻く「安全・安心」のニーズが変わっても、
決して変わることのない「家族を大切に想う気持ち」。その想いを描くことにより、
ホームセキュリティを従来の「住まいや財産を守るサービス」だけでなく、
「大切な家族を守るサービス」として再定義しました。

「親を想う」編

「親を想う」編

「子を想う」編

「子を想う」編

「離れて暮らす母の安心」編

「離れて暮らす母の安心」編

「それぞれの家族の安心」編

「それぞれの家族の安心」編

セコム導入のタイミングを伝える、YouTube動画広告。

「セコム導入のきっかけNo.1が新築・住み替え時」というデータから、
「新築・住み替え セコムどき」というワンビッグメッセージを訴求したYouTube動画広告。
スマホ等の「ながら視聴」を考慮し、コマ撮りの演出や誰もが知る曲の替え歌など、目と耳に強く訴えかける表現を追求。
パパ、ママ、娘を主役にした3バージョンを制作し、それぞれ「リーズナブルな月額料金」、
「初めての街でも得られる安心感」、「もしもの時はセコムが駆けつける」といったメリットを訴求しました。

パパver

パパver

ママver

ママver

娘ver

娘ver

[ Graphics ]

セコムらしい、さまざまな施策を企画制作。

セコムのイメージキャラクターを務める長嶋茂雄さんを起用した広告をはじめ、
企業広告や商品・サービス広告など、さまざまなツールをご提案・ご提供。
いずれのクリエイティブにおいても、セキュリティのパイオニアとしての「先進性」や「独創性」、
「安全・安心・快適・便利」な社会を支えるセコムの「信頼性」を大切にして企画制作しています。

View all works